酒場でダバダ 新橋 BAR Village Wood日記

BAR Village Wood(バー ビレッジウッド)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月28日の巻

看板を出しに行くと、「マスター、お久しぶり」と声を掛けられた。
独立をして事務所を開業した女弁護士の先生である。
チャーミングな彼女は爽やかな笑顔で僕の前を通り過ぎていった。
サンタモニカの風のように・・・
ビレッジウッドには立ち寄らずに・・・

ところで本日はというと
チズさんがビシッと決めてくれた。
・・・・・
                        以上
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 17:41:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月27日の巻

溜めてしまった日記を書き終え、僕は今ホッとしている。

と言う訳で本日1番乗りは、Dな5人組。
飲み方はあくまでもまずまずといったところか?
豊洲のシステム会社の3名が、大きな声でマジックの話をしている。
おかわりを聞きに行くと「もういい」だって。しょっぱすぎ!
アキバ系の中年サラリーマンの声が耳に焼き付いてしまった。
かなりご無沙汰でアベさんが5名で登場。
激ヤセくんも同席しているが、リバウンドが見受けられる。
・・・・・?
人のことはどうでもいいということである。
ヒトウさんがヒカリちゃんのところによっての登場である。
一番安いウイスキーの水割りのグラスが空いているので、おかわりをすすめると
「まだ氷が残ってるから」とのこと。
やっとのことで2杯目のオーダーを取ると、おかわりをしたことに陶酔している。
ヒトウさんは品格漂う中年サラリーマンである。
先週に続き、ゴウくんが父上を連れて登場。
親父さんのことをパパと呼んでいた。
ヒラチャンBが家の酒が切れた為、連荘で登場。
ハヤシくんがひとりポツンと登場し、ひとりポツンと飲んでいる。
そしてひとりポツンと帰っていった。
シマダさんとヤマグチさんが登場し、しよっぱく飲んでいる。
  1. 2008/05/28(水) 15:00:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと遅いかもしれないけど5月26日の巻

”ちょっと遅いかもしれないけど”シリーズはこれで終わりにしなくては・・・

と言うわけで本日1番乗りはエネルギー会社の4名。
この会社の社風なのか、ウイスキーを飲むときは基本がダブルである。
しょっぱいグループが3組続いて、うるさいのが登場した。
ヒラチャンB、ヤマナカくん、ジョージである。
ヤマナカくんは胃の調子が悪いらしく、まず牛乳を飲んでいる。
胃に膜をはってから早いピッチで酒を飲んでいる。
何がそこまでさせるのだろう?
風俗マニアのジョージはピュアな恋をしているらしい。
ヒラチャンBのくだらなさは、改めて書くまでもないといったところか。
遅い時間にホテルマンが4名で登場。
センセイ方に好評だったワインをすすめると、これまヒット!
しかし、しばらくすると一人はトイレに立てこもり、一人は寝てしまった。
タテノくん率いる板前衆が4人で登場。
一人は席につき、「ウーロン茶!」と言い残して寝てしまった。
その後先輩格のタテノくんもウトウトと始まった。
結局、まともなのはガッツくんとジェロの2人である。
この2人は翌早朝7時からの勤務である。
時刻は現在3時になろうとしている。
  1. 2008/05/28(水) 14:41:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと遅いかもしれないけど5月23日の巻

前半は始めてみる顔ぶれで、しかもグループが多かった。
なので僕はほとんど話すことなく酒を作っていた。

最初のリピートメンバーはモモちゃんが正装をしての登場である。
彼は弁当屋の店長である。
以前、モモちゃんがこぼしていたのは、弁当の配達の営業に行くと
「ウチはそういうのはいいですから」と断られるとのこと。
「僕は誤解されちゃうんですよね」と言っていた。
かなりゴッツい風貌である。
そのモモちゃんが黒いシャツに黒いスーツ、赤いネクタイをして登場したのである。
彼は誤解されちゃうんじゃなくて、誤解されたいのである。
フジワラさんが3名で登場も、しょっぱい。
愛媛でライブハウスを経営している人が登場。
先日、ナベサダを招いてのライブは大盛況とのこと。
現在ニューヨーク在住の公認会計士であるゴウくんがヨガの先生と登場。
話すときは腹の底から声を出し、身振り手振りを交えたソウルフルな男である。
かなりアメリカナイズされている。
カジがフラフラになって登場し、朝まで居させて欲しいと言っている。
ゴウくんと、会話にならない会話をしていた。
シオノくんがちょっとだけいいですか?と3時過ぎに登場した。
前半にエネルギーを温存できていなかったらゴウくんにやられていたかもしれない。


  1. 2008/05/28(水) 14:20:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月21日の巻

ヒラチャンBとジョージが登場した。
ヒラチャンBはだいぶ疲れている様子である。
携帯をいじりながら、ウトウトと始まったのである。

ジョージが何かを勘違いして、僕の住んでいる目黒に引越しをしてきた。
目黒はセレブの住むところである。
おすすめの店を聞いている。
「一人で食事をするときに良いお店はありますか?」
僕は何軒か自分でも使っているお気に入りの店を教えてあげた。
「バーも教えて欲しいんですが・・・」
ジョージは頭がおかしいのかもしれない。
バーの主人に、良いバーがあったら教えろとはどういうことか?
豆腐屋に、どこかいい豆腐屋を知りませんかと言っているようなものである。
さすがにこの一言に、ウトウトしているヒラチャンBが
「だったらここに来たらいいだろ!」と、先輩のようなことを言っていた。

モモちゃんがご無沙汰で登場した。
ヤツは一見、ゴッツイ容姿のため危ない男に見える。
僕はジョージに、この男はこんな感じだけど安心していいからと言った。
「この男は見た目と違って腰の低い男だから」
風俗好きなヤツということも付け加えておいた。
するとジョージの目の輝きが変わったのである。
話をすればするほど、ジョージは風俗マニアということがわかってきた。
ヤツは、低くない年収のほとんどを風俗につぎ込んでいるらしい。

風俗談議が架橋に入る頃には、ヒラチャンBはカウンターからテーブル席に移動して
熟睡体制に入っていた。

風俗談議がクライマックスを迎える頃には、ヒラチャンBはテーブル席から床に移動して
横になり、腰を伸ばして安眠していた。

僕は自分で商売を始めて、サラリーマンのときよりはストレスがないと感じている。
しかし、サラリーマンに時よりも数段エネルギーを使っていることも感じている。
いったい、床に寝てしまう男をどうしろというのか・・・
  1. 2008/05/22(木) 19:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月16日の巻

釣りはおもしろい。
ゴールデンウィークに行った海釣りの2日前に、ハトリミエコに何が釣りたいか聞いたところ、
「釣れるものであれば何でも!」という答えが返ってきた。
これは魚以外のものも対照であるということであろうか?
釣りは、何を釣るかに獲物を絞って餌と仕掛けを用意するものである。
ただ、そうでないこともあるということである。
ハトリミエコは、シロギスを釣りに行ってイワシを釣り上げたのである。

と言うわけで本日1番乗りはハヤカワさん。愛妻家である。
マスコちゃんが従業員割引でカクテルを飲んでいった。
女性2名が恐る恐る入ってきて、しばらくすると安心した様子で飲んでいる。
5人の男性グループがしょっぱく飲んでいる。
カドマツさんと競輪記者さんが登場。
信者を増やす為にオリジナルのストラップを配布しておきましょう。
ノリちゃんがイモトくんと待ち合わせで登場し、ラムチョップのおいしさを発見している。
瓶ビール好きの2人組が、女性を伴って3名で登場。
ビレッジウッドでは珍しい女性3名が、しっかり飲んでいった。
伯爵がご無沙汰で登場するも、お疲れの様子。
ノリちゃんと待ち合わせのイモトくんがかなり遅れて登場。
新作”カレーうどん”、もしくは”まかない”に絶妙の提案をしていた。
サト&アキ、プラスBくんの3名がちょっとご無沙汰で登場。
3人は仕事をする為に、その為に登場したのである。
3人とも完全に仕事モードに入っている。状態も良い。
そういうときの彼らはテッパンである。堅軸である。
序盤から安定したラップを刻んで、上がり33秒台で締めくくっていた。
ニシモトさんの会社のシマダさんが6名で登場。
つまり、シロギス用の仕掛けにカレイがかかったのである。
  1. 2008/05/19(月) 16:16:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月14日の巻

ニシモトさんは何処かで恋をしているのだろうか?
それとも、ビレッジウッドまでの道のりを忘れてしまい迷っているのだろうか?

と言うわけで本日1番乗りは姉さん。
二番のりのアユちゃんは、姉さんに連れ去られていった。
マキタさんがマツモトさんと登場。
本日も終始、マキタさんからマツモトさんへの説教であった。
人生の分岐点にいるヒラチャンBが登場するも、かなり弱っていた。
Wのコバヤシさんが、イベントの打ち上げで13名で登場し、グッドジョブ!
初登場のサラリーマン2人組は、ビレッジウッドのカクテルを堪能していた。
ヒトウさんが海釣り以来驚くことに、もう2回目の登場となる。
この登場頻度はどうしたものかと思いきや、本日ルナチンの誕生日とのこと。
Rのヤンチャくんとクロちゃんが海釣り以来の登場で、ヒトウさんと会うことに・・・
ヤンチャくんはいくつかのものまねレパートリーを披露しているが、誰だかさっぱりわからない!
なんとなく松山千春があったような気がするくらいのレベルである。
本日2回目の登場のアユちゃんは、ヤンチャくん、クロちゃんとバトルを開始した。
かなりご無沙汰でマドンナが登場。
休日が返上になったヘンリーさんがニシカワさんと登場。
ヒトウさんがルナチンと本日2回目の登場。
ムービースターにはなりきれていないようである。
それにしても、僕にはとてもヒトウさんはマネできない!
本日大漁・・・ではなくて盛況であった。
  1. 2008/05/15(木) 18:28:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月13日の巻

”酒場でダバダ”は一部マニアから市民権を得ている。
筆者としては、多くのファンを魅了するブログでありたいと思うところではあるが
内容がそうはさせないといったところか・・・
それよりも更新頻度がそうはさせないといったところか?

と言うわけで本日1番乗りはカジュアルな服装の3人の商社マン。
何やら仕事がうまくいったらしく、景気の良い飲み方をしていた。
二番乗りは海釣り以来になるハヤシくん。
かなり弱っている。
「マスターはどんな20歳代を過ごしたんですか?」との質問。
何かを手本にしようとするあたり、かなり弱っているのが伺える。
モルト愛好家の先生衆が今日は5人で登場。
以前からリクエストのあったワインを用意してあったので、それを紹介した。
ど真ん中に刺さってしまったらしい。
「空き瓶持って帰って良い?」だって!
カナディアンクラブ好きのサラリーマン2人組におかわりと言われたので
「おいしいカナディアンクラブがありますよ」と言うと
「今飲んでこれは何なんですか?」と言うので、
「普通のカナディアンクラブです」と答えた。
アイラモルト好きとその連れのサラリーマンの会話は昆虫談議。
「アリの祖先はハチなんです!」と言い切るところから始まった。
スガワラさんが風邪で体調を崩しながらも、毎晩飲み歩いている。
イモトくんとノリちゃんがもう一人大阪人を連れて3名で登場。
ピーチク・パーチクと、よくしゃべっていた。
「マライテッカまだ?」と、注文してすぐに請求をしている。
「順番にやるから」と言うと、連れの大阪人に
「この店は東京のスタンダードじゃないから!」と、念を押している。
スタンダードは”お気に入り”には入らない、と僕には聞こえた。
Mrジャックが4名で登場し、ジャックダニエルを愉しんでいる。
  1. 2008/05/14(水) 17:44:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

5月2日
連休前というのは期待もあるのだが、がっかりする成績のことが多い。
この日は後者に当たる日であった。
1番乗りはカドマツさんと競輪記者さん。
競輪記者さんは飯倉のマンションに暮らすセレブにつき、1杯のスミノフブラックのソーダ割を
2秒で飲み干し、立て続けにおかわりをする。
高校の同級生のタカマツヒロコとシライシリツコが2人で登場した。
21年ぶりに再会するシライシリツコはとても同級生には見えない!
かなりがんばっているのだろう。
モリさんとの登場以来、免疫ができたようで、ハトリミエコが一人で登場した。
その後登場したチズさんはハトリミエコに刺さったようで、大仕事をすることとなる。
イモイモとノリノリはきしめんを目的に登場。

5月7日
それにしてもゴールデンウィーク明けというのはしょっぱい!
マツモトミナコが友達と登場し、互いの男運の悪さを確認しあっている。
問題は”運”ではなくて”本人の意識”であることに気付かずに・・・
海釣り大会でシロギスを28匹釣り上げてトップ賞のヒトウさんが登場し、驚いたことに
おかわりをして大活躍。
アルバイトと音楽を通して、21年来の友達のヤマザキが登場。

お知らせの本題である。

僕はめったに誰かをすごいとは思わないのだが、このヤマザキという男はすごい!
彼はギターリストなのだが、知り合った20代前半の頃はジャズをやっていた。
W中学の頃に音楽と出会い、高校の時には音楽で生きていくことを決めていた。
高校を卒業してからはアルバイトをしながら音楽活動を続けている。
いまだにその志には一点の曇りもない。
メジャーではないのはたまたまとしか言い様がない。
現在は、けん盤と2人でブラジル音楽(ボサノヴァのようなもの)をやっている。
以前のバンドのメンバーの結婚式で演奏を披露したのだが、かなり心地良い。
聞くと、毎月どこぞのバーでライブをやっているとのこと。
「だったらウチでやれよ!」ということで、生演奏のライブをビレッジウッドでやります!
うまい酒を飲みながらBGMとして聞くなんて、なんと優雅なひとときであろうか。
ヴォーカルがないのは「歌が入ると押し付けになるでしょ」と言っていた。
6月14日 土曜日
19:00会場 19:30開演
間に30分の休憩を入れて、45分の2ステージです。
ミュージックチャージたったの2,000円プラス飲み代です。
当日のメニューは、いつものビレッジウッドのメニューです。
必見です!
  1. 2008/05/08(木) 15:31:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月1日の巻

ある男は”酒場でダバダ”をを読んで楽しむだけでなく、文脈から筆者の意図を読み取っている。
フレーズがおもしろいとか、自分やあの人が登場しているというところで終わらない。
感情やメッセージを感じ取って、分析までしている。
まるで国語の文章問題を解くかのごとく・・・
司馬遼太郎の”21世紀のこどもたちへ”というのがある。
いつかこの日記がハードカバーで出版されることを考えると、タイトルを変えるべきなのか?
”22世紀のスタイリッシュな大人たちへ”
僕は筒井康隆と司馬遼太郎のどちらを目指すべきなのか?
・・・・・
僕の妄想はもうこの域まで達してしまっている。

と言うわけで4月30日は
ヒラチャンBが1番のり。
カッコ良く飲んでいた。
ヒロさんが海釣りの打ち合せを兼ねての登場である。
ヒトウさんが珍しく軽快に飲んでいる。滅多に見られない光景である。
スガワラさんが、僕が失礼をした女性とふたりで登場。

5月1日の1番乗りはオヤジの2人組み。
「前にも来たことあるんだよ。大分前だけどな」
「そうですか・・・」としか言い様がなかった。
なんとなく席は埋まっていくのだが、内容はしょっぱい!
タニダくんがまたしても別の女の子と登場。
ヒラチャンB、ヤマナカくん、カジ、ジョージが登場。
ヒラチャンBは今日もカッコ良く飲んでいる。
ヤツらがオーダーした砂肝カレーときしめんが気になってしょうがないのが、
イモイモとノリノリである。
はたしてこの表現は誰にどう届くのだろうか?
  1. 2008/05/02(金) 14:49:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Village Wood

Author:Village Wood
BAR Village Woodへようこそ!
所在地:
港区新橋2-10-3岩城ビルB1
TEL:03-3519-7495



---------------------------

山崎岳一

ボサノバギター教室のお知らせ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。