酒場でダバダ 新橋 BAR Village Wood日記

BAR Village Wood(バー ビレッジウッド)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社員研修その2

研修の2日目である。

今回の研修を北海道に決めた時点で、いろいろと模索していた。
ベストは、初日の宿が札幌。
2日目の宿が小樽であった。
何故なら小樽は港町で、見所が多数あるからである。
もちろんスナックも・・・
しかしこの連休でV6のコンサートがあったため、札幌も小樽も
ホテルが一杯で予約ができなかったのである。
なので早めに予約をしておいた札幌で2連泊となった。

朝、札幌を出て小樽を経由して余市へと向かうことになった。
小樽での乗り継ぎ待ち時間が70分。
なので一度外に出て昼食をとることにした。
駅から出ると、小樽の町の素晴らしい景色が広がっている。
駅から坂を下ったところに海が見える。
いくつもの市場があったが、駅近の市場の食堂に入った。
全員がそれぞれ好みの海鮮どんぶりを注文。
その他つぶ貝やイカ刺やホタテなどたらふく食べた。
素晴らしいの一言に尽きる。

市場の兄さんに、何故小樽はスナックが多いのかを聞いてみた。
何十年か前までは、札幌よりも小樽のほうが栄えていたらしい。
にしん漁が盛んだった頃のことである。
港町で景気の良い船乗りたちがいれば、スナックが増えるのも当然であろう。
全盛期は700軒ほどあったらしい。
小樽は、僕にとってのフェイバリエットな土地ということになる。

昼食を終えて、2両しかない電車に乗り込んで余市に向かった。
駅から程近い蒸留所の入り口で受付をした。
受付の女性がとても綺麗である。
札幌にしても小樽にしても綺麗な人が多いというのが実感である。
ガイドについて蒸留所内を見学してまわった。
最後はウイスキーの試飲である。
みんなが口をそろえて言っていたのが、水がうまいということである。
聞けば、その水は水道水とのこと。
なるほどニッカウヰスキー”余市”のうまさの理由がここにある。
蒸留所限定のウイスキーを仕入れてありますのでビレッジウッド・エストでどうぞ!

余市を後にして、我々は小樽に戻った。
ピョンがいかの塩辛を買いたいというからである。
小樽に戻った時間では、すべての市場が閉まっていた。
しばらく歩いて、たった1軒やっていた魚屋で塩辛を買った。
一瓶だけ・・・
大の男を4人も引っ張りまわして購入したのが塩辛一瓶である。
「塩辛一瓶であつかましいんですが、おいしい寿司屋を教えてください。
観光客ではなく、地元の人が来るような。」
「いらっしゃいませも言わないような頑固オヤジがやってるところがありますよ。
それでも寿司はうまいです。」
教わった寿司屋へ行ってみた。
店内にはおかみさん1人である。
ドリンクを注文すると、奥から若旦那らしき人が出てきた。
ゴツイ感じの若旦那は一言もしゃべらない。
僕らは会話もできないような緊張感を感じている。
ピキピキと音までしている。
さらにご主人も出てきて緊張感が高まってきた。
僕は自ら鉄砲玉になって口火を切った。
「おすすめのスナックを教えて欲しいんですよ。若旦那がいつも行ってるスナック。」
やっと若旦那が苦笑いをした。
「スナックですか?」
もう逃がさない。
「ずるいよ若旦那は、自分だけスナックで楽しんでるなんて。
僕らにも紹介してよ。」
結局、そのスナックまでは歩いて7~8分くらいなのだが、若旦那が案内してくれた。
緊張感で張り詰めたところからここまでくるのに、
僕の持っている全てのものを出し切った気がする。
スナックでの僕の状態はみなさんの想像どうりであった。
その一部始終をピョンがカメラに収めています。
詳細は割愛しますが、小樽は素晴らしいの一言に尽きる!
スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 19:07:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社員研修 その1

1年も経てば過去の記憶などは薄れてしまうものである。
ビレッジウッド・エストともにショットバーなので、
日々専門知識の勉強は不可欠である。
何より大切なことは、本物体験である。
車を売るものは、車のメカニズムを知っていなければならない。
料理を作るものは、第1次産業への理解を深めなければならない。
酒を売るものは、酒を作る情熱を感じ取らなければならない。
研修にあたっての大儀である。

という訳で今回の研修は北海道。
ニッカウヰスキーの余市蒸留所見学が研修の目玉となる。
9月23・24・25日の3日間で研修を実施した。
参加者は、僕とトモヒデ、ピョン
友情参加で、僕の25年来の親友でありミックスナッツのヴォーカルのウメザワ。
現地で待ち合わせて参加のコウキの5名である。
コウキ以外の4名は羽田から飛行機で北海道に乗り込んだ。
コウキは仙台から8時間かけて電車で到着。

ホテルにチェックインすると、まずはジンギスカンである。
僕らはみんな昼食をとっていない。
つまり、腹ペコということである。
18時過ぎにすすきのの街に繰り出し、お目当てのジンギスカン屋に行った。
すでに満席で外には待つ人で列になっている。
待ち時間がもったいないので、他を探した。
これが当たりであった。
お母さんと娘さんらしき人が2人でやっている。
「肉はどれくらいにしますか?」
「1キロ。」
えっ?という顔をしている。
北海道限定らしきサッポロクラシックという生ビールがやたらとうまい!
肉が焼ける前におかわりを注文し、焼きあがったジンギスカンにとりかかる。
うまい!
羊の肉はこんなにうまいのか・・・
結局みんなで約3キロの肉を食べつくしたのである。

あとはショットバーとスナックである。
最初に入ったショットバーがはずれ。
カウンターに犬が何匹かいるではないか!
スタンダードカクテルを注文してもわからないといった感じである。
早々に引き上げて呼び込みの兄さんに連れられていったところがメイドカフェ。
連チャンではずしてしまった。
一か八かで浮浪者っぽいおじさんに声をかけて聞いてみた。
するとこのおじさんがいいスナックを紹介してくれた。
他の多くのお客さんたちとおおいに盛り上がった。
ピョンがAKBの曲で盛り上げて、MRKセンターぶりを発揮していた。
時間になったので会計をしようとすると、ウメザワが帰ろうとしない。
メロディーという娘を気に入ってしまったのだ。
その後に行ったショットバーにいってもスナックに戻ろうとうるさい。
締めのラーメン屋でもまだスナックに戻りたがっていた。
火がついてしまったウメザワをなだめて初日が終了。
翌日は研修の目的である余市蒸留所である。


  1. 2011/09/27(火) 18:58:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月9日の巻

という訳で、久々の更新である。
1番乗りは、看板を出す前に登場した初老の男性。
いきなりカレー!ときたもんだ。
2番乗りはナカザワさん。
久々の登場だが、道に迷わず到着できたらしい。
男性3人のグループがなかなかの仕事振り。
女性3人と男性1人のグループもまずまずである。
カウンターがオヤジで埋め尽くされていく・・・
Zの5人組にはそうとうイライラさせられた。
入れ替わりでしょっぱいのやら仕事人やらで賑わっている。
そこに登場したのが元アイドルである。
以前ビレッジウッドでも働いてもらったことがある。
今は仙台に在住の看護士である。
そして彼女は怒っていた。
この日記を見ていたのである。
「何で仙台に来たなら声をかけてくれないんですか!」
それは人妻だからである。
せんせいとフクニシくんが登場し、研修に参加したがっている。
航空会社の2人が4人に増えると言っていながら、いっこうに数が増えない。
深夜に登場の、飲みそうもない9人がグッドジョブ。
これまた深夜に登場のパイロットの2人も良い仕事をしていた。
  1. 2011/09/10(土) 18:07:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

少し早いですが、
今月の23日~25日で社員研修に行ってきます。
今回はニッカの余市蒸留所見学です。
またレポートをこの場でいたします。

9月1日はというと、
ご無沙汰でハラさんが姉さんと登場。
テツくんが平均客単価を下げるために・・・
そのためだけに登場した。
せんせいが今週2回目の登場。
何故なら今日はネコの誕生日なのである。
節電の夏でバテているネコは眠そうであった。
かなりご無沙汰でウベくんが登場。
先日街中で僕と会ってしまったからである。
綺麗なお姉さんとよろしくした後でサワベくんがひとりで登場。
気おくれしてしまい、2次会には誘えなかったらしい。
  1. 2011/09/02(金) 18:34:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Village Wood

Author:Village Wood
BAR Village Woodへようこそ!
所在地:
港区新橋2-10-3岩城ビルB1
TEL:03-3519-7495



---------------------------

山崎岳一

ボサノバギター教室のお知らせ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。