酒場でダバダ 新橋 BAR Village Wood日記

BAR Village Wood(バー ビレッジウッド)の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月29日の巻

ボウモア蒸留所の社長が登場!
おバカさんも登場・・・
一緒にしていいんだろうか?
いけないに決まっている。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/30(水) 03:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月21日の巻

ビレッジウッドは今度の4月で、まる10年を迎える。
ほとんど改装をしてこなかったのだが、
つい先日地下に降りる階段の壁を塗装をした。
真っ白な壁がとても安心感を与えてくれる。

という訳で本日一番乗りはサワベくん。
彼は、満たされたからといって足が遠のくへなちょこではない。
初登場の同伴者に、「いつもの」の解説は要らないんだよ。
ステータスを感じてるおバカさんがいるんだから・・・
ちなみに「いつもの」とは
高単価で粗利率の高い酒のことである。
見覚えのある男が登場した。
総一郎である。
しかも時間差で増殖し、4人になった。
アンガール、タカ、チーフと全スタッフが揃ってやってきた!
全スタッフとは、僕らがたまに訪れる渋谷のバーの面々である。
このバーのスタッフは自分たちの年齢と本名を名乗らない。
店のルールらしい。
なのに少しもミステリアスに感じないのは、
タカが登場するなり、ウイスキーのトリプルロックとカクテルを同時にオーダーするからである。
よくわからないことをする男なのである。
アンガールは物静かに飲んでいる。
チーフは床上手な感じがいなめない。
総一郎は、なかなか気合の入った色男である。
心ゆくまで飲んだ4人は、次にエストに向かった。
きっと帰らないのだろう・・・
昨年i padを忘れていったコータローくんが、やっと登場した。

仕事が終わってトモヒデに電話をすると、あの4人が残っているらしい。
ポンコツになったタカはタクシーで帰されたらしい。
タクシーにしてみれば迷惑な話である。
チーフ、総一郎、アンガールを誘ってヤキトンへ。
誰一人寝ることもなく飲み続けている。
タフなヤツらである。
  1. 2013/01/23(水) 00:34:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1月17日の巻

本日、モーリーが登場。
他にもいっぱいお客さんが来たのだが・・・
モーリーのインパクトに全て忘れ去られた。
だって、茶髪にしてラメ入りのエンジのカーディガンを着てるから。
最近機種変したような銀色のガラケイを持っていた。
35歳独身!
彼氏募集中である。
痛い・・・
痛すぎる!
  1. 2013/01/18(金) 03:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Village Wood

Author:Village Wood
BAR Village Woodへようこそ!
所在地:
港区新橋2-10-3岩城ビルB1
TEL:03-3519-7495



---------------------------

山崎岳一

ボサノバギター教室のお知らせ

カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。